櫛引八幡宮の草創

  櫛引八幡宮は南部家初代光行公の草創と伝えられる。

  南部家文書(八戸根城南部家・『八戸家系』、『八戸家傳記』)によると、 文治5年平泉合戦(1189年)に戦功をたてた光行公は源頼朝から糠部郡(ぬかのぶのこおり、 岩手県北部・青森県東部の広大な地域)を拝領し建久2年(1191年)に入部、 後に家士を遣わして甲斐南部郷の八幡宮御神体を奉持せしめ、霊地をトして櫛引村に 宮社を造営し武運長久を祈ったという。

  「櫛引八幡宮縁起旧記」によれば、このとき遣わされた家臣とは津島平次郎で、 平次郎は宮地が決まるまで六戸の瀧ノ沢村に仮宮を営んで奉祭した。

  また、甲斐から別当僧の 宥鑁(ゆうばん)が供奉し、別当普門院の祖となったという。

  津島平次郎の子孫に当たる 滝沢家は八幡宮の鍵守として、普門院とともに代々祭礼を取り仕切った。

  また、『櫛引八幡縁起』には、櫛引村に大同年間(806〜810)に坂上田村麻呂が祀った 八幡宮の小社があり、同神同体であるので瀧ノ沢の仮宮からこの地に遷座したとある。
  以後、 櫛引八幡宮と称し、南部の総鎮守となったのである。

櫛引八幡宮 【境内】
用地は約5万3千平方メートル(1万6千余坪)であり、神域内には樹齢数百年を経た老杉が立ち並び、古来より「八幡山」と呼ばれ、親しまれております。
【八幡様のお正月】
お正月には初詣の参拝の方々が長蛇の列をつくり、0時ちょうどに新年を告げる大太鼓が打ち鳴らされると1年の幸せを願う人でごったがえします。

【櫛引八幡宮 社務所】 〒039-1105 青森県八戸市八幡字八幡丁3 TEL: 0178-27-3053  FAX: 0178-27-0652