国宝 白糸威褄取鎧 (しろいとおどしつまどりよろい)
兜・大袖付附唐櫃  南北朝時代
国宝 白糸威褄取鎧
360度くるっと表示

  紫・薄紫・黄・萌黄・紅糸をもって褄取りを施した白糸の威毛は気品に満ち、全体の形姿も端正で、南北朝時代武将の心ばえがしのばれる名品である。
  現存鎧中大形の部類に属するもので、作技も優れ、保存もよく、南北朝時代の代表的な鎧とされている。
  南部信光公が後村上天皇から拝領したものと伝えられる。

◆国宝館
国宝 赤糸 威 鎧兜大袖付 附唐櫃ほか重要文化財・県重宝・市文化財など計25点の文化財を収蔵・展示しております。
櫛引八幡宮 【開 館】 平成19年3月26日正午
【床面積】 214.2平方メートル(64.82坪)
【開館時間】 9:00〜17:00
【入館料】
大人:400円/大学・高校生:300円/小・中学生:200円/幼児:無料
【団体入館料】
大人:300円/大学・高校生:200円/小・中学生:100円/幼児:無料
【館 内】
旧国宝館よりも大幅に広くなり、文化財を落ち着いた空間のなかでゆっくりご覧いただけます。また、音声解説は日本語と英語でのご案内です。
【鎧体験着用(有料)】
当宮にあります鎧を体験着用することが可能です。
詳しくは櫛引八幡宮 社務所までお問い合わせ下さい。

【櫛引八幡宮 社務所】 〒039-1105 青森県八戸市八幡字八幡丁3 TEL: 0178-27-3053  FAX: 0178-27-0652