厄払い(厄祓い・厄除け)

日本には古来から人生の節目を「厄年」として忌み慎む習慣があります。厄年とは一生のうち何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発展した現代においてもなお、万時に慎まねばならない年齢として人々に意識されています。

厄年とする年齢は、一般的に数え年で男性は25歳、42歳、61歳女性は19歳、33歳、37歳です。中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」です。厄年の前後も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」とされ、特に忌むべき年齢といわれています。厄年は現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢といえます。

厄の時期は、人生の中でも、体力的・家庭環境的・社会的に転機または、災難に遭いやすいとして、忌み慎まれています。厄年の方はなるべく早く厄払いのお祓いを受けましょう。お祓いにかかる時間は通常20分です。

また、心配事・悩み事・病など厄祓いの時期でなくても、家内安全・心願成就などご祈願できますので、ぜひご相談ください。

厄年早見表

平成29年(2017年)厄年早見表

【男性】

前厄 1994年(平成 6年生)24歳
厄年 1993年(平成 5年生)25歳
後厄 1992年(平成 4年生)26歳

前厄 1977年(昭和52年生)41歳
厄年 1976年(昭和51年生)42歳
後厄 1975年(昭和50年生)43歳

前厄 1958年(昭和33年生)60歳
厄年 1957年(昭和32年生)61歳
後厄 1956年(昭和31年生)62歳

【女性】

前厄 2000年(平成12年生)18歳
厄年 1999年(平成11年生)19歳
後厄 1998年(平成10年生)20歳

前厄 1986年(昭和61年生)32歳
厄年 1985年(昭和60年生)33歳
後厄 1984年(昭和59年生)34歳

前厄 1982年(昭和57年生)36歳
厄年 1981年(昭和56年生)37歳
後厄 1980年(昭和55年生)38歳

平成30年(2018年)厄年早見表

【男性】

前厄 1995年(平成 7年生)24歳
厄年 1994年(平成 6年生)25歳
後厄 1993年(平成 5年生)26歳

前厄 1978年(昭和53年生)41歳
厄年 1977年(昭和52年生)42歳
後厄 1976年(昭和51年生)43歳

前厄 1959年(昭和34年生)60歳
厄年 1958年(昭和33年生)61歳
後厄 1957年(昭和32年生)62歳

【女性】

前厄 2001年(平成13年生)18歳
厄年 2000年(平成12年生)19歳
後厄 1999年(平成11年生)20歳

前厄 1987年(昭和62年生)32歳
厄年 1986年(昭和61年生)33歳
後厄 1985年(昭和60年生)34歳

前厄 1983年(昭和58年生)36歳
厄年 1982年(昭和57年生)37歳
後厄 1981年(昭和56年生)38歳

いずれも数え年齢
(今年満年齢に誕生日前の方は2歳、誕生日過ぎの方は1歳を足すと数え年齢が得られます)

ご祈祷の流れ

  • 受付

    8:30から17:00まで、祈祷の受付を行っております。社務所受付で祈祷申込書にお名前、ご住所等をお書きになり祈祷を申し込みます。

    ※この時、「初穂料」をのし袋 (祝儀袋) 等に入れてご奉納願います。
    ※初穂料の目安は、お一人五千円ほどです。

  • 祈祷

    受付順に昇殿していただき、祈祷を斎行いたします。祈祷の時間は20分~30分ほどです。

  • 記念品授与

    ご祈祷の最後に、記念品を授与いたしております。


予約は必要ありません。

結婚式や団体のお祓い以外、ご予約を受けておりません。 祈祷が出来ない時間帯がある場合もございますので、「行事予定」を確認いただくか、社務所までお問い合わせ願います。 時間に余裕を持ってお越しくださいますようお願いいたします。